エダンズについて

Edanz Evidence Generationでは、内分泌学、循環器、神経学、腫瘍学分野を中心に、幅広い分野で質の高いエビデンスジェネレーションサービスをご提供しております。エダンズは1995年に日本で設立され、以後継続して高品質かつ費用対効果の高い、医科学分野の英文校正、リライト、パブリケーションガイダンス等のサービスを、全国の大学や研究機関にご利用いただいてまいりました。2019年には、世界のヘルスケア業界を牽引するM3グループの一員となりました。エダンズでは経験豊富なメディカルライターおよび専門家でプロジェクトチームを編成しております。また、ライターに関する情報をウェブサイトで公開することで、お客さまに安心してサービスをご利用いただけるよう努めております。

*2020年5月より、弊社のメディカルコミュニケーション事業部は「Edanz Evidence Generation」と名称を変更しております。

お客さま固有のコンテンツを作成したいなど、どのようなご要望でも、まずはご相談ください。どのような形でお手伝いができるかをご提案いたします。

チームの紹介

山下 幸侍

山下 幸侍

代表取締役社長

2016年1月に取締役兼最高経営責任者としてエダンズに入社。エダンズ入社以前シュプリンガー・ジャパン株式会社(シュプリンガー・ネイチャー日本法人)の代表取締役社長、およびシュプリンガー・ヘルスケア事業部のアジア太平洋地域統括責任者を兼務していた。メディカルコミュニケーションと出版業界での経験が豊富。

Tom da Costa

Tom da Costa

取締役

2000年にオックスフォード大学を卒業。ロンドン、シドニー、日本での仕事で国際的なキャリアを築く。メディカルライティングのお客さまの顧客窓口や営業開発の責任者であり、エダンズグループ経営チームのメンバーでもある。

ISMPPメンバー

Daniel McGowan, PhD, CMPP

Daniel McGowan, PhD, CMPP

取締役

分子神経科学博士。英国のケンブリッジ大学で研究主幹を務め、ケンブリッジのバブラハム研究所ではマリー・キュリー研究員として研究を実施。神経変性疾患、分子細胞生物学、タンパク質生化学、プロテオミクス、ゲノミクスの領域で10年以上の研究経験を有する。その後出版業界に従事し、「Nature Reviews Neuroscience」誌の副編集長を務めた経歴を有する。

ISMPPメンバー

Mayako Ikeda

Mayako Ikeda

Senior Solutions Manager

Mayako Ikeda joined Edanz in 2020 to lead the Solutions Team. Mayako is an experienced professional, with 16 years in the pharmaceutical industry, leading global teams at Springer Healthcare and IQVIA.

Her focus is on strategic medical communications solutions, scientific content development, specialized training programs, and targeted medical education initiatives.

ウィルソン ひかり BPharm

ウィルソン ひかり BPharm

MSL ・プロジェクトマネジャー

2014年、横浜薬科大学で薬学部学士号を取得。学士研究では脳神経疾患における新たなアプローチの解明について取り組む。卒業後、Global CRO「Parexel International」の東京オフィスに勤務し、ウイルス性疾患、皮膚科、癌領域のプロジェクトにおいて開発経験を持つ。

ISMPPメンバー

NiNi MoeMyint, BSc, PhD

NiNi MoeMyint, BSc, PhD

プロジェクトマネージャー

NiNi graduated with a BSc Hons (1st) in Medical Biochemistry from University of Leicester in 2013 before undertaking her postgraduate research at Leicester Cancer Research Centre (University of Leicester) and earning a doctorate in 2018. Her research interest was in the field of cancer liquid biopsy and her thesis investigated circulating cell-free tumour DNA as a potential biomarker for early detection and chemoprevention of colorectal cancer. She is knowledgeable in the areas of cancer biology, metabolic regulations, signal transduction, genetics, and biochemical mechanisms of diseases. She has research experience in both in vivo and in vitro studies with technical expertise in various PCR methods (qPCR, ddPCR), mutation detection, DNA sequencing, assay development, cell culture, western blotting, histopathology, and sample processing. Ni Ni joined the Edanz Medical Writing team in 2018.

Mary Richardson, MSc, CMPP

Mary Richardson, MSc, CMPP

プロジェクトマネジャー

2008年、ウィニペグ大学で生化学優等学位学士号を取得。卒業後、連邦研究機関に勤務した後、文部科学省奨学生として東北大学大学院で学び、2014年に化学修士号を取得。修士号研究では、神経細胞で発現し、家族性パーキンソン病に関与する二元機能タンパク質であるIPASの細胞内局在に関連する分子メカニズムの解明に取り組む。酵素学、シグナルトランスダクション、遺伝学および免疫学など、さまざまな生化学分野に精通。また、細菌および哺乳類細胞培養、DNAシークエンシング、組み換えDNA技術(ベクター構築およびプライマー設計)、PCR、電気泳動法、ウェスタンブロッティング法および免疫沈降法を使用した経験を有する。

ISMPPメンバー

James Graham, PhD

James Graham, PhD

プロジェクトマネージャー

After completing an MSc in Biomedical Sciences, Dr Graham obtained his PhD in Biochemistry in 2009. As a post-doctoral research scientist at The Roslin Institute in Edinburgh, Dr Graham developed an analytical in vitro assay that would analyze the risk factor of newly discovered animal prion diseases to infect humans. He then moved to the German Center for Neurodegenerative Diseases in Bonn, Germany, where he worked on the novel concept of alpha-synuclein strains in Parkinson’s disease and other synucleinopathies. Dr Graham was appointed to the Executive Committee of the Australasian Medical Writers Association (AMWA) in August 2016.

Abeer Fadl, BA, MA, MPP, CMPP

Abeer Fadl, BA, MA, MPP, CMPP

アシスタントプロジェクトマネージャー・医学論文エディター

2009年、ウエスタンオンタリオ大学で国際関係論を学び、2012年にウィンザー大学にて政治学の修士号、ミシガン大学にて公共政策修士号を取得。数々の研究、公共政策立案に携わった後、2015年にエダンズに加入。学術論文の校正と戦略的コミュニケーションを専門とし、また出版倫理にも関心を高める。ライティングチームが作業した後の原稿のコピー・エディティングおよびメディカルライターの採用を担当する。

ISMPPメンバー

Hideki Maikuma

Hideki Maikuma

プロジェクトマネージャー

Hideki earned his MSc in pharmacology from Nagoya City University in 1998. After obtaining his degree, Hideki worked for several global pharmaceutical companies, where he gained extensive knowledge in clinical development. Hideki has 15 years’ experience in medical and pharmaceutical translation and medical writing, and his areas of expertise include clinical studies, regulatory affairs, post-marketing surveillance, and manuscript development.

Suzi Barboza-Pacheco, BSc

Suzi Barboza-Pacheco, BSc

医学論文エディター

Suzi earned her BSc in biochemistry and molecular biology at Oklahoma State University in 2017. She worked in various research labs and developed independent projects researching novel therapies for Alzheimer’s disease and methods for applying statistical algorithms for crop quality prediction in Maize. After graduating, she worked as a data analyst for LexisNexis where she provided technical expertise and proofread technical and legal documents. Suzi joined the Edanz Medical Writing team in 2018.

メディカルライター

当社のメディカルライティングチームは、教育機関や産業界で研究者として実績を積んだ活躍したメンバーで構成されています。その多くが製薬会社や医療コミュニケーション機関における社内メディカルライターとしての経験をもち、優れたコミュニケーション能力を有しています。

ライティングプロジェクトには、 リードライターとセカンドライターの2名、および独立した臨床専門家が1名参加します。それぞれの専門知識を最大限に発揮できるように、プロジェクトマネジャーがコーディネートを行います。